後藤宏行はペテン師(劇団Gフォース)詐欺・ニセ俳優

フォーラム 集団訴訟呼びかけをしたい方はこちら 後藤宏行はペテン師(劇団Gフォース)詐欺・ニセ俳優

このトピックには2件の返信が含まれ、1人の参加者がいます。3 週間、 2 日前 告発① さんが最後の更新を行いました。

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #8550 返信

    jpgtw

    後藤宏行はペテン師(劇団Gフォース)詐欺・ニセ俳優

    Gフォース→劇団OPA→劇場後藤組と20年間で名称を変えている団体。
    現在はGフォースである。
    いずれも代表は後藤宏行(後藤ひろゆき)である。
    名称変更の理由は、まさしく金銭トラブルがほとんどである。
    後藤宏行(後藤ひろゆき)はこれまで舞台を主催し制作するものの常に収支が合わず、照明、音響、大道具、小道具、舞台監督の未払が続き業界では、『未払いの後藤』として有名になり現在では取引をする業者は皆無。
    元々、後藤宏行は20代からミュージカルダンサーとして数作品出演後、芸能プロダクションの新人(養成所)のダンス講師として、1995年頃から東俳→テアトルアカデミー→バーニングタレント養成所などをやっていたが、いずれも新人の引き抜き行為で懲戒解雇されている。
    引き抜いた新人も後藤宏行の劇団に身を寄せるも6ヶ月〜1年で皆、退団し現在のGフォースの劇団やプロダクションの在籍者はここ数年はいない。
    後藤宏行の現在『Gフォース』HP上の自己紹介でプロダクション運営において芸能界へのパイプがあるとの記載があるが、これは虚偽と言っていいだろう。『トラブルメーカーの後藤宏行』と芸能会では認知がある以上、取引をする会社は無い。また映画、ドラマ(TV局)に後藤宏行は個人的な知り合いはいてもパイプは無いと言っていい。舞台ならまだ少しはあるかもしれないが怪しいものだ。
    それを物語ってる現実が、現在の劇団員は0人、スタッフも妻の後藤まゆみ1人のみ。
    ここ数年、舞台公演はアマチュアを集め蔵前のアトリエでしか行っていない。アトリエとは名ばかりでタダの物置か倉庫で、流石にお金をとって公演をやる場所ではない。
    何も知らずに行った客は、最悪だと評判。しかし客のほとんどがアマチュア出演者のチケットノルマなので身内発表会と思えば少しは許せる。
    調べはないが、劇場を借りる事が困難なのか未払いなのでブラックリストに載っているのかもしれない。

    現在の『Gフォース』は、妻である後藤まゆみと二人で営んでいるアマチュア団体で劇団のマネごとと結論付けていいだろう。

    また、近々団体名を変えてやるのではないだろうか?

    総合的には、サークルや趣味と思えば『Gフォース』は有りといえるが、芸能界を目指すなら決して勧められる団体ではない。
    この20年を振り返ると主宰の後藤宏行の資質に問題があるように感じられる。
    参考になれば幸いです。

    #8914 返信

    舞台ルーティン

    2018.5の日大と関西大のアメフト部の試合で、反則を指示して関西大のCB選手にケガをさせたとして世間を大きく騒がせた事件。
    その指示を出したとされる内田監督と井上コーチが責任から逃げ、自らの教え子に責任を押し付けた姿が、数年前の後藤宏行の行動にそっくりだった。
    びっくりするほどその行動が瓜二つ!

    後藤宏行(当時 後藤ひろゆき)は自分で犯したトラブルを役者のせいにして逃げ回っていた。

    数年前に隅田川花火大会の日に劇団の稽古場のある蔵前に後藤さんから呼び出され『みんなで花火を見よう』という事だった。何十人かが集まった。
    呼び出された役者たちはほぼ未成年で、そのほとんどがあるプロダクションの所属者(研究生)と奥さんが経営してるダンススタジオの生徒だった。

    稽古以外の呼び出しを不審に思った数名が、所属先のマネージャーに電話報告した為に、呼び出して集まった事が、プロダクション側に知られ、大事となり後藤さんはかなり怒られたらしい。

    その時、後藤さんとプロダクション側とのやりとりを聞いた先輩が愕然としたという。
    『俺は、誰一人呼んでない。俺の事がみんな好きで勝手に集まってきたんだ。こっちだって勝手に来られて困ってるんだ!事務所の方でしっかり管理してくれ!』
    と開き直りというか、保身というかそれを聞いた役者たちは呆れてた。
    ほとんどが子供で後藤さんに呼ばれない限り、稽古場に行くわけもないのに、なんともお粗末な言い訳で逆ギレしてたらしい。
    小さな子もいたので、その場それなりに収まったが

    その後、後藤さんはプロダクションとの契約を打ち切られ(事実上 解雇)となり劇団オーパもそのプロダクションで成り立っていたので自然壊滅となった。
    その後も後藤さんは自分の名前や、劇団名も次々と変えながらやってるみたいだけど人間的にすぐに雲隠れし逃げてしまう性格だから、最後までついて来た一番弟子の徳井さんまで辞めて誰も残らず、最後は身近には家族しかいない。
    舞台製作の支払いも滞りお金もない。責任もとらない。何かあれば逃げる。それでは人がついて来るわけ無い。
    一生治らないのだろうか?

    今回の、日大アメフト部の内田監督を自分に置き換えてい今、何をすべきか考えて欲しい。

    #8953 返信

    告発①

    俺も、関西学院大学と日本大学とのアメフトの試合での内田監督(日大)の記者会見は後藤さんそっくりだと思った!
    人のせいにしっ放しですぐに逃げるからなぁー!

    もう過ぎた事だけど、事務所の人には申し訳ない事をしたなぁ〜俺らが若くて判断能力がなかった事も理由一つだけど、後藤さんが何の計画性もなく行き当たりばったりで適当((((;゚Д゚)))))))
    それについていった訳だか自業自得だね(´༎ຶོρ༎ຶོ`)
    結局、ノルマ与えられた小さな舞台をチョコっとやって芸能界とはほど遠い劇団だった!

    後藤さんは酒好きで、不満を言うと若い俳優陣に挙げ句の果てには、逆キレしてし話しにならなかった(>_<)

    あんな大人には絶対なってはいけない(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
返信先: 後藤宏行はペテン師(劇団Gフォース)詐欺・ニセ俳優
あなたの情報:




6 × 1 =