返信先: 代理店詐欺の依田敏郎

#1207
被害者
ゲスト

依田敏郎の現在の仕事であるが、 「大学副学長」 と自称しているが、どこの大学か明示しない架空自作の大学のことかと思われる、また、「韓国大使」 とも語っているが数年前にギャンブル交遊先の韓国で地方のEXPOか何かの短期のイベントに参加しただけのことで大使館に関係しているわけでも何でもないただの肩書きを見せかけるための工作。現在は、韓国映画デビュー詐欺画策の為にネット上では 「韓流大使」 と自称して多くのプログを立ち上げて集客している。

こうした手口で過去には、「慶応大学法学研究所属弁護士」 や 「内閣総理大臣一等秘書」 を語っていた。中でもルビコン株式会社では短期バイトで採用にもなっていないのに、同社の執行役員と詐称しており同社の人事課も迷惑をしていたようで、根っからの詐欺師の行動そのもの。

もっとも不適なのは無資格の経営コンサルタントを長年して大手企業専属のような語りをしているが、まともに仕事の依頼を受けて成功した事例はひとつも存在しない。利用者全員が馬鹿高い報酬請求でトラブルになっており、依田敏郎から損害賠償請求されてトラブルになっているのが実態。

中でも 国際ビジネスコンサルタント と称していたのは高利回り65=75%の海外投資物件を案内するといって一口契約あたり500万円近く騙し取っており、何の処置もしないで追加資金を請求して、それが出ないと履行できないので契約条件違反で契約破棄するという内容証明とともに責任回避するというのが手口で、こうした代理店開業商法より、複数の投資ビジネスで数億円騙し取っている。もちろんそうした投資金の流れは脱税できるように他人名義の銀行口座に隠しており、振込先も他人名義の口座指定していた。

多くの被害会員に対しては、クレームに対して、手下の責任になすりつけた内容証明文を送ってくるだけで、それ以上の返金請求をすれば、「威力業務妨害罪」で訴えるという行動をとってくる。こうした毎度の手口で投資詐欺を繰り返しており、その被害額は前記のように巨額でほとんどが脱税されている。