後藤宏行はペテン師(劇団Gフォース)詐欺・ニセ俳優

  • このトピックには67件の返信、1人の参加者があり、最後にコロナよりコロネにより8ヶ月前に更新されました。
50件の投稿を表示中 - 1 - 50件目 (全68件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #8551 返信
    jtxtpj-666
    ゲスト

    後藤宏行はペテン師(劇団Gフォース)詐欺・ニセ俳優

    後藤宏行(後藤ひろゆき)はこれまで舞台を主催し制作するものの常に収支が合わず、照明、音響、大道具、小道具、舞台監督の未払が続き業界では、『未払いの後藤』として有名になり現在では取引をする業者は皆無。
    元々、後藤宏行は20代からミュージカルダンサーとして数作品出演後、芸能プロダクションの新人(養成所)のダンス講師として、1995年頃から東俳→テアトルアカデミー→バーニングタレント養成所などをやっていたが、いずれも新人の引き抜き行為で懲戒解雇されている。
    引き抜いた新人も後藤宏行の劇団に身を寄せるも皆すぐ、、退団し現在のGフォースの劇団やプロダクションの在籍者はいない。
    後藤宏行の現在『Gフォース』HP上の自己紹介でプロダクション運営において芸能界へのパイプがあるとの記載があるが、これは虚偽と言っていいだろう。『トラブルメーカーの後藤宏行』と芸能会では認知がある以上、取引をする会社は無い。また映画、ドラマ(TV局)に後藤宏行はパイプは無い。
    それを物語ってる現実が、現在の劇団員は0人、スタッフも妻の後藤まゆみ1人のみ。
    ここ数年、舞台公演はアマチュアを集め蔵前のアトリエでしか行っていない。アトリエとは名ばかりでタダの物置か倉庫で、流石にお金をとって公演をやる場所ではない。
    何も知らずに行った客は、最悪だと評判。しかし客のほとんどがアマチュア出演者のチケットノルマなので身内発表会と思えば少しは許せる。
    調べはないが、劇場を借りる事が困難なのか未払いなのでブラックリストに載っているのかもしれない。
    また、近々団体名を変えてやるのではないだろうか?

    総合的には、サークルや趣味と思えば『Gフォース』は有りといえるが、芸能界を目指すなら決して勧められる団体ではない。
    この20年を振り返ると主宰の後藤宏行の資質に問題があるように感じられる。後藤宏行は基本芸能人を装った詐欺師です。
    参考になれば幸いです。

    #8666 返信
    Mr.徳井
    ゲスト

    後藤ひろゆきは、やりっ放し、芝居はまぁまぁ、演出力は普通、音痴
    これまでトラブルばかり、せっかくバックアップしてくれる新人劇団員や、俳優、プロデューサーたちを裏切り。
    とにかくすぐ逃げる。
    お金にだらし無い。
    大きく見せる。
    謝らない。

    なにがGフォースだ!
    騙したみんなにまず、謝れ!

    #8669 返信
    西東京くん
    ゲスト

    後藤さん、また名前変えて劇団やってんだ。
    11年前のギャラまだもらってないんだけど!
    そのときは、劇団オーパだった。
    本番の劇場に「金払え!」って借金とりがよくきてた。
    本当どうしようもねーーーな( ̄^ ̄)ゞ

    とにかく逃げるからなーーーʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ

    #8673 返信
    フサフサ頭皮
    ゲスト

    後藤宏行、って?
    後藤ひろゆき、のこと?
    めちくちゃ気の弱いオジサンだよ!!!
    人には、逃げるな!もっと自分を追い詰めろ!
    とか言ってるくせに、自分はすぐ逃げるカカア天下が問題だ✌︎(‘ω’✌︎ )
    息子と娘も芸能人の真似事して、全然知られて無いしファンもいない!
    センス無いんだから普通の仕事しろ!つうの(爆笑)
    それより後藤ひろゆきに騙されみんなは被害者だよなーーー\\\٩(๑`^´๑)۶////

    #8675 返信
    三ちゃん
    ゲスト

    私が劇団オーパにいたころ、全然可愛くない、そして滑舌の悪く、芝居もできない後藤の娘を主演に舞台を作った、保谷にあるこもれびホールだったと思う。
    しかし、親バカにも程がある。結局その舞台の後、常識のある人たちはみんな、劇団を辞めた(#^.^#)
    みんなバカバカしくて、まだ演劇やってるなんて恥ずかしくないのかな(ToT)/~~~

    #8677 返信
    ペットショップ コジマ
    ゲスト

    Gフォースは、元 劇団オーパなんだ(≧∀≦)
    HPみたら、確かに後藤さんがやってる
    まゆみさんも健在でした
    夫婦で仲良く今もやってるなんて凄い

    でも、後藤さんがやってることは嘘ばかりだから当時の劇団員は振り回された
    後藤さんの誘いで劇団に入ってもノルマがきつくて苦しかった
    特に大手事務所のプロデューサーが後藤さんのやり方に怒って、手を引いた後は最悪で、半年もしない内にみんな辞めてしまった。
    町山さんや深田さん、安藤さんはどうなったのかな?
    結局、今のHPみたら書き込み通り、劇団員は誰もいない。結局、私のように脱落していってしまった。
    逆に口車に乗らずに、事務所や養成所に残った人はドラマ、舞台で活躍して頑張ってる。

    みんなの夢を踏みにじることばかり、責任とって後藤さんも引退すべきだと思います。

    #8678 返信
    ゆるゆるゆるキャラ
    ゲスト

    後藤ひろゆきは、舞台を辞めるべし!

    続けるならら、関わった全てのひとに謝るべし!

    #8683 返信
    吉祥寺メンチ
    ゲスト

    後藤宏行は責任とるべき!!
    でも、逃げまくって過去の責任は取らないだろうな!
    最悪な男!結局、後藤についていった人間は誰もプロになれなかった。
    ついて行かなかった人間はみんなの活躍してる。
    縁を切った、業界関係者のほとんどが大成しててわ

    #8687 返信
    たまたまくん
    ゲスト

    後藤宏行が、今でも演出家気取りで芸能界にパイプがあるなんて怒りというより、情けなくて笑える(笑)
    笑笑笑わ〜〜〜〜わぁははは〜

    #8963 返信
    アルトことアルトこと
    ゲスト

    後藤ひろゆきが、代表の劇団Gフォースには、加藤英雄が在籍してるか関わってる。
    このことで、いかに後藤ひろゆきがダメな人間かが分かる。加藤英雄は昔し劇団後藤組の時代にベテラン俳優にも関わらず、他の事務所から客演で預かったタレントに手を出してクビになった人物。
    それを証拠になくまた、内部の人間として採用している。
    結局はそう言う輩の集まりなのだ。
    どこのダメな企業も団体も組織も一度、解雇した人間を再度、起用するものだ。
    普通外部に対して信用を無くした行為を行った張本人に対して正常な判断は、二度と関わらないのあたり前、その人間を時間を空けて再雇用すると言うのは、その代表者を含めて悪事を働いてたとう動かぬ証拠である。

    他の事務所から預かった女子に手を出した行為は、初めから後藤宏行も暗黙の了解と言う事間違い無し。
    本当に最悪の男です、後藤宏行は。

    #9052 返信
    カミナリもん
    ゲスト

    後藤ひろゆきと、加藤英雄はグルだよ!
    悪の根源は後藤だけど!
    まだ、つるんでるだ( ˊ̱˂˃ˋ̱ )
    ヤバッ!!
    恐れいった!!!!!

    #9115 返信
    元 劇団オーパ劇団員
    ゲスト

    2003年頃、某芸能プロの養成所にいた頃、後藤さんに誘われて劇団オーパに入団しました。
    初めの頃、Kプロデューサーの援助があって大きな舞台を沢山やってましたが、ケンカしたらしくKプロデューサーは後藤さんとの関わりをたちました。
    それ以降は、ほとんど小さな舞台でたまに劇団員がやるだけで、有名な人は誰も出なくなりました。
    ケンカの原因は、後藤さんの引き抜き行為で過去にもいくつかのプロダクションや養成所から生徒や所属者を引き抜いてトラブルになった事があると先輩から聞きました。
    後藤さんは明るくていい人に見えましたが、大人からはあまり評判は良くありませんでした。
    お金にもいつも困ってて、普段は道路工事などをやって生活費にあてていたと聞きました。

    私は、大きな舞台を2回ほど出させてもらってその後、辞めました。
    後藤さんの名前聞いてほんと懐かしい(^^)

    #9191 返信
    まぼろし新撰組の一員
    ゲスト

    Gフォースのオフィシャルが消えてます( ̄^ ̄)ゞ

    また、劇団名や自分の名前を変えて始めるのでしょうか?
    目先の事を変える前に、自分の考え方や人の関わり方を変えない限り何も変わらないです。

    順番としては新しい事を始める前に、今までの事を清算するのが先ですよ。

    ミスをしたり過ちを犯したらまずは、謝る事が大優先です。
    そして相手に理解をもらい、罪があるなら償うとこです。
    それをしないで、次から次と目先の事をやっても
    何事もなかったかなようにスタートしても絶対に成功しないと思います。
    失敗や過ち、ミスは仕方ありません。
    自分の意思で、今まで迷惑をかけた人たち、一人一人に謝罪すべきです。

    みんなが書き込んでるように、逃げないで下さい。

    元 後藤組の一人より

    #9299 返信
    みゅーじかる西鶴の時代
    ゲスト

    後藤氏、懐かしい(๑>◡<๑)
    良い人のように見えるけど、結果は悪い人です。
    支援する人は、「子供っぽい」とか「自由人」とかいってましたけど、いやいや立派な大人だし劇団のトップです。といっても今から20年以上も前の話しです。
    亡くなりましたが作家の中島梓(栗本薫)さんも後藤氏を応援してましたが最終的には激怒し後藤氏と決別しました。
    ポイントは他の人も書込みしてますが、後藤ひろゆし「逃げる」人間なのです。
    トラブルが起きると真っ先に逃げるの後藤氏の本質で生き方です。もしくは人任せ自分がまいたタネなのに交渉や解決に後藤氏は絶対に出て来ない。
    謝る事が出来ない人間です。
    中島梓さんもとても後藤氏を応援してましたが、現場にいた私は良し悪しさておき、なんで後藤氏は話し合い場に現れず逃げまくり結果、ケンカ別れになりました。
    中島梓さんが生きている間に和解すべきだったと私は考えます。
    その繰り返しが、劇団名を変えたり、自分の名前の漢字からひらがなに変えたり漢字に戻したり、そして劇団員が誰もいない現実だと思います。
    あの徳井くんもいないとは驚きです。
    後藤組→劇団OPA→Gフォース名前の変える度に人が離れて行く姿はとても寂しいです。
    GフォースのURLは見つかりませんでしたが、最後は誰が後藤さんを慕っていたのでしょう。

    誰かが書き込んでましたが、変わらないのでしょうか?逃げ続けるのでしようか?

    同じ時間を生きた私は本当に残念です。

    #9347 返信
    wtjPwtpjgm
    ゲスト

    人には器の大きさがあるんだな〜〜〜と後藤組から劇団OPAの時期を一緒にやってて勉強になりました(^ ^)
    後藤さんは、良い方と素敵方、応援してくれる沢山出会ったのに、お金の事、横暴さや不義理をしてみんな去っていきました。
    近くで見ていると、それが良く分かりました。
    結局はそういう方々の器で、ミュージカルや舞台をやれていたのに、後藤さんは自分の人望や器と勘違いしてやり続けたと思います。
    出会いの印象は良く初めだけ、良い人を演じてその後は適当に対応したり、人のせいにしたり、逃げたりする。
    その結果が今、劇団員が誰もいない状況だと思います。

    一度全てをリセットして頑張って欲しいです。

    みんなが書いてるように、迷惑かけた人には謝らないとね。ギャラの未払いや、制作費の未払いをまず、優先しないとですね。

    #9350 返信
    つかこうへい作品大好き
    ゲスト

    後藤宏行さんがプロデューサーの舞台を蔵前のアトリエに以前見に行きました。
    普段は劇団の荷物倉庫に使っていると思われ、舞台セット以前に荷物や道具が散乱していました。  作品は「二代目はクリスチャン」でした。小劇場の場合、会場が小さいことは多々ありますがここのアトリエは分かりづらいのと、とにかく汚い!ビルに入ってからゴミ捨て場を通ってから非常用らせん階段を上り開場の入り口がある。                                あのごみ溜めはなんとかしてはしい(>_<)                                                                                                                                                                                                                  

    #9354 返信
    めえそん
    ゲスト

    後藤さん現在どうしてるだろ?
    と、思って名前をググったら、この掲示板を読んで驚きました。((((;゜Д゜)))

    私自身は才能が無かったのでアッサリやめましたが、OPAの作品には客として足を運んでました。

    でも身内ギャグの多さには参りました。
    自分はOPAの役者さんと交流があったからギャグの意味は解りましたが、一緒に来てくれた友達には理解不能。
    友達を連れて来れなくなりました。

    また見栄っ張り過ぎるので、やたら豪華な劇場でやりたがる。
    チケット1枚7,500円でチケットノルマ200枚。
    アホらしくて関わるのをやめました。

    私の投稿は詐欺被害とは関係ありませんが、こう言った部分も関連してはきますよね?

    #9394 返信
    dkpjugw123456
    ゲスト

    後藤さんは、客が全く呼ばないからな〜だから収支(未払が発生する)が合わない。
    ▪️劇団の代表にファンがいない。
    ▪️演出家にファンがいない。
    ▪️プロダクションにも所属していない。
    息子、娘ももちろんの事、芸能人気どりでも、しかし誰にも知られていない。現実は人気がない。

    結局のことろ、他人は認めない『ただのやりたがり屋』の一家って事じゃないかなー

    趣味の場とか、市民劇団、サークル劇団、素人演劇会、舞台同好会とかを名乗れば何の問題もないと思います。
    芸能界の劇団と『嘘』をいうから問題があります。

    #9423 返信
    nakane.butaiengeki.ltd
    ゲスト

    後ヒロさんは、ひらめきと感で生きてる人。
    だから個人の職人さんという感じで一人で生きるのは良いけど、人の上には絶対に立てなない。
    1番は責任感が0、お金にだらしないからだ(//∇//)
    作家の中島梓はよくガマンして後ヒロさんを応援したと思う。
    一番良かった時代は、後藤組から劇団OPAに変えて数年たった時にかな、何故かバーニングがバックについてKプロデューサーが、制作資金、大きな劇場の確保、有名俳優やタレントのキャスティングをして後ヒロさんをバックアップしてた。
    噂では、後ヒロさんのトラブルをKプロデューサーがたまたま助けたのが始まりという。

    劇場もそれまで後ヒロさんは小劇場中心だったのが、銀座博品館、池袋の東京芸術劇場など大きなホールで公演はマスコミも取り上げた。
    「そのうちトラブルよ」「きっとモメるよ」「勘違いするよ」と周りがささやいていたのも確か!

    あんのじょう3年くらいで、友好関係は解消した。
    細かい事は、分からないこれを境に下降の一途を後ヒロさんは歩む事になった。
    周りにも誰もいなくなり1人で、また名前を変えてやってる。
    Gフォースというアマチュア劇団!
    そのうち、また消えて違う名前でやりだすのかな?

    nakane.butaiengeki.ltd

    後藤宏行はペテン師(劇団Gフォース)詐欺・ニセ俳優

    #9439 返信
    123456789…10
    ゲスト

    後藤さんは、自分じゃ客呼べない分を、全部出演者に押し付けてた>* ))))><
    人気も無い!
    指示もされない!
    お客さんも呼ばない!
    でも、舞台は次々とやる。芸能界に強いパイプがあると嘘をついて劇団員を集める。
    その結果、みんな辞めていく!

    最悪なんですけど。゚(゚´Д`゚)゚。

    #9527 返信
    情報通信
    ゲスト

    後藤宏行の今日までの歩み

    1957年11月18日生(O型)
    大分県出身 東京都西東京市在住
    フリー俳優、演出家

    下記より前は、分かりません。

    1991年 作家 栗本薫(中島梓)を師事し、その後「みゅーじかる西鶴」や「まぼろし新撰組」に出演
    1996年 演出家 つかこうへい(北区)を師事
    1997年 劇団 後藤組(後に劇団OPA→現在Gフォース)
    1998年 演出家 木島恭(木山事務所)を師事
    1998年 ジャンクション所属(代表 鈴木美津子 、役員 高屋潤子)
    2000年 プロデューサー神品信市(バーニング)を師事
    2000年 合気道 養神館に入門(第10期 国際専修生)
    2001年 MIRAIプロへ移籍(代表 神品信市)
    2002年 脚本家 演出家 岡部耕大を師事し、舞台「白いライオン」(東京芸術劇場)を演出、出演する
    2003年 ミュージカル「LIVE ON 新撰組」を演出(鈴木蘭々、飯沼誠司、三善英史、浅倉一男等が出演)
    2004年 舞台「金色姫ものがたり」で技量のなき娘の後藤紗亜弥を主演に起用
    2011年 合気道 健生会を立ち上げる
    2018年 8月現在Gフォースにて稽古場を劇場とし、アマチュアを集め舞台公演を行う

    #9531 返信
    み854-5479
    ゲスト

    作家 中島梓(栗本薫) 故

    生前の後藤浩行の裏切り

    https://kakuyomu.jp/works/1177354054882021661/episodes/1177354054882240033

    #9532 返信
    み854-5479
    ゲスト

    栗本薫(中島梓)

     90年辺りから五年近く激推ししていた後藤宏行に対して、薫は95年あたりからぱったりと口にしなくなってしまう。95年に上演された『グイン・サーガ 炎の群像』ではイシュトヴァーンは別の役者が演じ、以後、中島梓の舞台に後藤宏行は出演していない。95年に出されて同人誌でも後藤宏行のために脚本を書いた『マグノリアの海賊』に対して再演はないだろうと書き、あの舞台に関しては作品の出来とは別に苦々しく思っていることを何度も口にしている。誰とは名指ししていないが役者に不義理をされた、陰口を叩かれた、出入り禁止にした、ということも書いており、一時期の熱の上げ方とその後の距離の置き方を考えると、その中に後藤宏行がいた可能性は高い。
     一巻のレビューにも書いた通り、この『バサラ』という作品は後藤宏行主演の舞台として考案されたものであり、その後藤と疎遠になってしまったのなら、もう書く理由がない、むしろ喧嘩別れした相手のことを思い出したくないから書きたくない、という感じだったのではないだろうか。

     そしてこれこそ本当に邪推になってしまうが、九十年代前半に限定し、ホモ小説ではなく、『マグノリアの海賊』、『好色屋西鶴』、『野望の夏』、『パサラ』、『グランドクロスベイビー』などの男女のオープンエロな作品を書いていたことと、その時期が後藤宏行との蜜月であったことは無関係ではないと思う。やたらと年増が若く暴力的な野心家との激しいセックスに巻き込まれる話が多いことに、どう見ても特定の年下の男に薫のメスがうずいて仕方なくて夢小説を書いてしまっているようにしか見えないのだ。
     そしてどういう経緯かは知らないが、後藤宏行と疎遠になったからパタリと男女エロも書かなくなった。道場主は小説には作者がどうしたって出ると云っていたが、薫は本当にダダ漏れである。

    #11293 返信
    匿名
    ゲスト

    Gフォースの『パーティ!アフターパーティ!!』という舞台を先々週観劇してきました。
    友達の知り合いの子が出てたので、有名な人は誰も出てない一応、ミュージカル??的な舞台でした。
    場所がとても分かりづらくてシブさ満点(笑)
    こんなところに劇場があるんだ!というくらいの感想を持ちました。
    全体のレベルは低いですが、みなさんが楽しそうにやってるのは好感的でした。

    #11294 返信
    つかこうへい好き好き
    ゲスト

    私は3月に『一寸先とちょっと前』と言う舞台に参加しまた。
    後藤さんにも過去は色々あったと思いますが、小さくも今は一生懸命劇団を主宰しているので応援したいです。
    プロ集団とは言えませんが家族的な劇団なので、好きな人は好きだと思います。

    #11298 返信
    舞台観劇観劇&サッカー観戦
    ゲスト

    騒がしいサイトなのでのぞいたら、去年の10月に、この劇場主催の劇場というか倉庫か、簡易会場でやった舞台のチケットがタダで手に入ったので見ました(^_^)
    チラシがたまたま、まだもっていて見たら演劇のタイトルは【あめの声、あきの唄。】でした。

    少人数の小さな小さな舞台でした。作品自体は好みがあると思うのでなんとも言えませが、こういう環境でも舞台は作れる事に感動と、自分たち学生でも一からやれそうなパワーがもらえました。

    演劇はとてもハードルが高そうで一般人には手の届かない世界だと思い込んでいました。
    でも志を持った人が集まれば、経験が無くても、プロでは無くても、知識がなくてもやれるという勇気をもらいました。
    Gファースさん ありがとうございました。
    無料だったのにも感動です。

    #11312 返信
    匿名
    ゲスト

    未経験の私には、とても勉強になる舞台でした。
    プロはもっともっと大勢のお客様の前で演技するのですのね?
    小さな会場で、私は精一杯です(≧∇≦)
    後藤さんと、まゆみさんが夫婦なのには驚きました。
    演出の加藤さんには初心者の私に色々指導を頂きありがとうございました。

    #11475 返信
    ギンギラギン
    ゲスト

    友人と一緒に2月か3月ころに、show「Soul Sign」を蔵前のGフォースさんの小さな劇場で観ました。
    元々、劇場四季が好きで良く観劇しています。

    今回は規模は本当に小さいですが、後藤さん含めみなさん頑張ってました。
    上手い下手はさておき一生懸命にやってる姿は素敵です。

    #11521 返信
    匿名
    ゲスト

    Gフォースが、場所はそのままで「劇団蔵前プラザスイート」に名称変更したようです。

    後藤組⇨劇団OPA⇨劇団オーパ⇨Gフォース⇨劇団蔵前プラザスイート
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    最近の作品

    2019年4月21日より公演
    小劇場「思いつきの男たち ひらめきの女たち」

    公演内容
    息子の結婚式前日に離婚話をする夫婦。
    娘の結婚式のついでに
    自分の結婚式を挙げようとする母親、
    欠席するはずだったのに気まぐれに現れる父親。
    波乱含みの結婚式は無事執り行うことができるのか!?
    児島秀樹のヒューマン・コメディ

    病める時も健やかなる時も
    死が二人を分かつまで
    汝は愛を誓いますか?本当に?

    出演
    下地省吾 / 田口鳩子(劇団蔵前プラザスイート) / 後藤宏行(劇団蔵前プラザスイート) / 雨川景子 / 上田茂(劇団蔵前プラザラザスイート) / 佳山みな / 前田優 / 引谷直彦 / 彩緋 / 雨草諒(劇団蔵前プラザラザスイート) / 橋本直也 / 俵一

    スタッフ
    作: 児島秀樹 / 演出: 後藤宏行 / 音楽: 後藤紗亜弥(BLOOD LINE)

    公演スケジュール
    <期間>
    2019年4月21日 (日) ~2019年4月28日 (日)

    <公演日・開演時間>
    04月21日(日) 14:00
    04月22日(月) 19:00
    04月23日(火) 19:00
    04月24日(水) 14:00 / 19:00
    04月25日(木) 19:00
    04月26日(金) 19:00
    04月27日(土) 14:00
    04月28日(日) 14:00
    ※開場は各公演時刻の30分前です。

    チケット
    全席自由:3,200円
    (前売り・当日共・税込)

    <カンフェティ取扱チケット>
    全席自由:3,200円(税込)

    会場
    Gフォースアトリエ

    #11721 返信
    てんびんthe LIFE
    ゲスト

    2005.5.5 22:47
    てんびんthe LIFE

    ミュージカル「まぼろし新撰組2005」劇団OPA シアターVアカサカで鑑賞

    縁あって劇団OPAのミュージカルを見ることになった。昼間ぶらぶらしていたら劇場オーナーからご招待の連絡が(直接ではないけど)入っていたらしい。小さな劇場は連休中はお客さんが入らなくてお客さんが薄すぎる(お客さんが入らないことをこう表現するらしい)というのが理由らしい。前回2月にこの劇団の「ラプソディー」というミュージカルも見せてもらった。でも長時間の大作ではあったが分かり辛かった。前作に比べれば今回は分かりやすい。というか入り込み安かった。手っ取り早く言えば新撰組がタイムトリップして現代に来てしまい…。というストーリー。とにかく団員が若い。一番若い子は12歳ぐらいらしい。頑張ってるなあとは感心する。主演の男の子、後藤健流くんは1988年生まれまだ17歳。高校生です。劇団主催者後藤ひろゆき氏の息子さん。お母さんも劇団で振り付けやっているMIYUKIさん。かえるの子はかえる。そんな感じかな?でも物凄く雰囲気持ててホワーーーッで感じ。俗に言う癒し系なんでしょう。アイドルグループ『PIECE FIRST』のリーダーなんだって。ってかグループ知らないんですが。ファンクラブもあるらしい。とはいえ中高生に4000円で芝居見ろってきついと思う。が、半分くらいの観客はそんな年代だった。出ている子達若いからね。一緒に行った人たちが皆思ったそうですが、こういう小さい劇団が主催する芝居って客層とか収益とかどうなっているんでしょうか?お客さんはどういう人たちで…。と考えてしまうのでした。芝居の感想ですが、2005という風に演目に付いたからには「セカチュー」のパクリとかが入ったためかな。とても今風に出来ていて良かったけど色恋沙汰は必要ないんじゃない?主人公2人はあってもいいかもしれないけど他の登場人物はねえ。余計な演出だと思いました。それよりか現代に来てしまって居心地がいいのに過去に戻ってしまう心理をもう少し詳しく表現したほうがいいと思いました。ダンスとか上手いんだけど、歌も頑張っているんだけど「ミュージカル」というには中途半端な気がしたんですが。踊りはともかく、無理に歌わなくてもいいんじゃない?

    #11736 返信
    『もぼろし新撰組』一員
    ゲスト

    2019年6月に【Gフォース】のHPをみつけました。

    そして後藤さんは、『お客様各位』と題して冒頭のあいさつをしています。

    お客様各位

    皆様におかれましては、日ごろより格段のお引き立てを頂き誠にありがとうございます。
    Gフォースプロデュース。プロデューサー・演出の後藤宏行です。

     以前よりネット上に「詐欺被害報告書 後藤宏行は ペテン師である」等の誹謗中傷が
    数多く書き込まれています。そのどれもが匿名です。

     2012年よりGフォースプロデュースという屋号で演劇制作をスタートし丸7年が過ぎようとしています。
    蔵前のアトリエをメインに、大阪インディペンデントシアター・仙台演劇工房10-BOX.・福岡甘棠館劇場・
    他新潟などでの地方公演。中野ボンボン、八幡山ワーサルシアターなど様々な劇場で公演してきました。
     この7年の間、ボックスコーポレーション様、スカイコーポレーション様、テアトルアカデミー様など
    様々な事務所の役者さんや、フリーの役者さん達がGフォースプロデュースに出演してくれました。
    この7年の間劇場、スタッフ、キャストへのギャラの未払い、支払いの遅れ等は一度もありません。
    以上が、ありままのGフォースプロデュースです。

    ​2019年もたくさんの公演を上演していきます。
    これからもGフォースプロデュースは、この体制のまま活動を続けてまいります。
    今後とも何卒、Gフォースプロデュースをよろしくお願い致します。

    後藤宏行


    後藤さんが言うには、2012年以降の約7年間は真面目やってるとの事です。
    それ以前の事が聞きたいのに触れていませんね。

    後藤さんへの書込みの『詐欺被害』サイトを見ると多くの人達のスレがあり、そのほとんどが、【劇団 後藤組】、又は【劇団 OPA】の時代又はそれより昔しのクレーム、訴え、糾弾です。
    すなわち2012年より前の話しです。

    この後藤さんのあいさつ文を見る限り2012年より過去においてはスレにある[未払い]、[トラブル]、[不義理]、[逃げる]といった事実は認めてるのでしょうか?
    それとも過去関係無くは水に流して、今は真面目にやってるから許して!とでも言ってるのでしょうか?

    いずれにしても過去の事は謝罪や清算する気はないようですね。

    あと文章の中に、ボックスコーポレーション、スカイコーポレーション、テアトルアカデミーの3社プロダクションの名前を出してますがこれまは大丈夫なのでしょうか?
    あたかも各プロダクションと太いパイプでもあるような書き方ですが読者は鵜吞みし勘違いします。

    実際はプロダクションに所属してて、Gフォース舞台に出演者した者は、仕事の少ない新人や研修生で、たまたま何かでGフォースの舞台情報を個人的に知って出演に至っただけで、プロダクションと後藤さんやGフォースとのパイプによるものではありません。
    Gフォースと各プロダクションとが太い関係や信頼関係にあると言っているのならば、それは嘘です。
    なぜなら、私はそのプロダクションの中の一社で働いてました。
    私自身が昔し役者を目指し、その時に後藤ひろゆきさんと関わり去った一人です。2006年以降は役者を辞めて裏方をやっています。数年間マネージャーとして働いてました。今は退職して違う会社にいます。
    なので、あいさつ文で表現してる事と事実は異なります。

    結局は謝る事のできない、清算する事のできない人ですね。
    唯一の救いは、以前のHPの挨拶にはあったTV局や芸能界にパイプがあるという嘘が無い事や、アマチュアの団体でる事実として無名な所属者を羅列してある事が、新規に開設されたHPに記載されてる事ですかね。

    備考
    G forceのホームページに苦情受付のコーナーを開設して、そのページをオープンにすればあ良いと思います。
    一つ一つ後藤さんが回答すれば良いと思います。

    #11738 返信
    斉藤・山田・小林・石川
    ゲスト


    僕たちの知ってる、これまでの後藤氏は苦情受付なんて作らないし、ましてや苦情やクレームに対して個々に後藤氏が答えるなんて絶対にやらない。

    #11751 返信
    匿名
    ゲスト

    確かに後藤ひろゆき(現在 後藤宏行)の過去はひどかった!

    お金も!
    人間関係も!
    責任の取り方も!

    当時の彼は最低な人だった!しかし過去は過去として今、頑張ってる事は認めてあげたい。
    過去の事をいつまでも引きずるよりも、これからの人生の方が大切!
    ぜひ同じ過ちをしない事を、後藤ひろゆき氏には期待したい。

    Gforceは無名な劇団ではあるが、舞台の成功を祈ります。

    「舞台・氷雪の門」
    【公式ツイッター】
    @hyosetu2019
    【氷雪の門 公式HP】
    ‭https://www.g-froce-produce.com/hyosetu2019‬
    【公演日程】
    ◆東京公演2019年8月27日(火)〜9月1日(日)
    会場:中野テアトルBONBON
    全席自由:4,500円(税込)
    ※開場は開演の30分前
    8月27日㈫19:00 8月28日㈬14:00/19:00
    8月29日㈭19:00 8月30日㈮14:00/19:00
    8月31日㈯14:00/18:00 9月1日㈰14:00
    全9回公演

    ◆長崎公演
    本番:9月7日(土)8日(日)
    会場:松浦市文化会館ゆめホール
    全席自由:3,000円(税込)
    ※開場は開演の30分前
    9月7日(土)14:00/18:00 9月8日(日)14:00
    全3回公演

    【CAST】
    冨永さくら・青木素姫・山﨑果倫・安孫子聖奈・井上 椋子・三好杏依
    叶絵里奈・汐風有華・有村宮澄・本田宇蘭・櫛引玲・百音 /
    嶋本秀郎・神田眞・工藤幸歩・成田ヒロキ・小杉海惺・附波德佐・野秋美和・佳山みな・岡田臣也

    有村宮澄からのチケット購入はコチラからお願いします。

    汐風有華からのチケット購入はコチラからお願いします。

    【演出】 後藤宏行
    【脚本】 加藤英雄 
    【音楽制作】 後藤紗亜弥
    【照明】 札ノ辻淑江
    【音響】 太田修由

    【料金】
    ◆東京公演 全席自由:4,500円(税込)
    ◆長崎公演 全席自由:3,000円(税込)

    【チケット発売】
    2019年5月12(日)12:00~
    <チケット取扱い>
    カンフェティ チケットセンター(03-6228-1630/平日10:00~18:00)
    カルテット・オンライン
    【協力】
    ルピナス・エンタープライズ/えりオフィス/レプロエンタテインメント/ミューズエンタープライズ/ボックスコーポレーション/テアトルアカデミー/ムーブマン/ SANETTY Produce /プレステージ/オフィスジョイ/ロンロン企画/プロデュースカンパニー
    【制作】
    プロデューサー:後藤宏行・神田眞
    演出:後藤宏行
    制作進行:後藤まゆみ
    制作スタッフ:田口鳩子・岡健治
    キャスティング協力:SANETTY Produce
    【Gフォース公式HP】
    ‭https://www.g-froce-produce.com/‬
    【主催・製作】
    Gフォースプロデュース

    【あらすじ】
    1945年夏、太平洋戦争も終盤に近づいたころ、
    現在のロシア領サハリンは当時、樺太と呼ばれる日本の領土だった。
    その西海岸にある真岡町の郵便局では班長をはじめ、若い女性たちが電話交換手として働いていた。
    やがて日本は終戦を迎えるが、その混乱に乗じてソ連軍が樺太に進攻。島民の緊急疎開が開始される中、
    戦火は真岡の町にも広がり、窓越しに見る砲弾の炸裂、迫る身の危険の中、彼女たちは、最後まで交換台に向かった。終戦にもかかわらず、
    樺太に攻めて来たソ連軍の脅威にさらされながらも、彼女たちは、最後まで交換台に向かった。
    「みなさん、これが最後です。さようなら、さようなら。」島民のため最後まで通信業務を死守しようと交換台に向かった、若き乙女たちの運命は…。

    #11755 返信
    Miwa
    ゲスト

    私も、Gフォース(元後藤組)のホームページの後ひろさんのあいさつを拝読しまた。

    とても違和感を感じます。
    ↓ ↓ ↓ ↓
    「Gフォースプロデュース。プロデューサー・演出の後藤宏行です。
    ​ 以前よりネット上に「詐欺被害報告書 後藤宏行は ペテン師である」等の誹謗中傷が
    数多く書き込まれています。そのどれもが匿名です。」

    これは冒頭のあいさつのコピーしたものですが、
    書込み(意見)に対して何の謝罪も無い点が、劇団の代表としてのあいさつに疑問に思い誠意を感じません。「どれもが匿名です。」で締めくくっています。
    匿名だから何?って感じで、昔から後ひろさんを知ってる人は「いつもの事」「相変わらず自己中」と思うだけす。
    結局、みんなが嘘書いてると言いたいのですね?
    世の中初めから相手に攻撃をしようと思う人はいなと思います。

    これだけみんなが去っていったのに、全く反省や謝る事ができない後ひろさんをみて悲しくなります。

    後藤組の時は無いかもしれませんが、劇団OPAと以前のGフォースのホームページには、「芸能界にパイプがりデビューさせる」的なあいさつを後ひろさんはしてました。
    その当時からそばで私は見ていて、後ひろさん自身は全くそんな力はありませんでした。
    それに舞台公演のチケットノルマも全て出演者が負担して、後ひろさんのお客さんはほとんどいなかった事、その当時の未払いがあるのも事実です。
    書込みの全てが事実だとは思いませんが、少なくとも正しい事も何点かあります。

    今、しっかりやってるから過去はどうでもいいと思ってるならとても残念です。
    後ひろさんにとって都合の悪い人は縁を切るではダメではないのではないでしょうか?

    常に新規募集で、右も左も分からない未経験を戸惑わせるやり方は、残念で仕方ありません。
    私が知る限り今もそばにいるのは、まゆみさん含め家族のみです。
    公演を支えた当時の仲間は誰一人いません。

    炎上が収まり、Gフォースが発展する事を祈っています。

    #11770 返信
    ピーナッツ
    ゲスト

    炎上してる騒がしいサイトなのでチョコっとググってみた(*’▽’*)

    後藤宏行という劇団主催者がこれまでの過去に色々とやらかしたみたいだね(〃ω〃)
    迷惑を被った人達はなんだか怒り心頭みたい。
    基本や芸術家やクリエイターみたいな職業の人は自己中心的な人が多いように見えるのは、私の偏見だろうか?(大笑)

    気になった事が一つ見つかった!
    Gフォースプロデュースの、その後藤宏行さんのHP上のあいさつ。

    ボックスコーポレーション、スカイコーポレーション、テアトルアカデミーという芸能事務所の名前を上げて、つき合いが7年あると記載があるけど、調べていくと過去に Gフォースプロデュースの作品でその名前の事務所の俳優が出演した事実が、検索しても出て来ない(@[email protected])
    強いて言うと、この夏の「舞台・氷雪の門」という作品に、ボックスコーポレーションやテアトルアカデミーの俳優が出る予定になってる。

    その程度の関係にも関わらず、あたかも仲の良い事務所ように、あいさつの文書に会社名を出してよいものだろうか?

    #11771 返信
    父さん
    ゲスト

    そういう人だよ!
    後ひろは!

    #11787 返信
    6チャンネル
    ゲスト

    三流俳優のアマチュア劇団をよく見せるため、擁護するための「あいさつ文」に名前を使われたプロダクションはたまったもんじゃーない。

    またまたクレームやトラブルにならなきゃいいけど。

    #11795 返信
    匿名
    ゲスト

    人生にはチャンスを!

    出直しのつもりで、名前変えて頑張ってるならみんなで、見守ってあげよう!

    #11820 返信
    マルチはダメ
    ゲスト

    Gフォースプロデュースって何?

    後藤宏行って誰?

    MAYUMIってどないな人?

    梶島せいなって何者?

    みんな東京では有名人なん?

    大阪では、誰一人知らんけど!

    #11973 返信
    匿名
    ゲスト

    後ヒロさんは、私が在籍してた時からその時期に関わってる事務所や演出家の名前を使って宣伝するのはいつのも事。
    これまでは、数ヶ月でケンカして疎遠になってきました。

    今回の、プロダクション各社と付き合いがあると言う言い方は、後ヒロさんの常套手段(笑)

    だったら過去に付き合いのあったプロダクションとは、今どうなったかを知りたい(大笑)

    みんなトラブっていなくなったとは流石に言えないよね(爆笑)

    #12071 返信
    小劇場演劇ファン
    ゲスト

    プロデューサー・演出家 後藤宏行

    以前「蒲田行進曲」をミュージカルとして上演したく、つかさんご本人に頼みに行ったことがありました。しかも、銀ちゃんをダンス狂いという設定で脚本も新しくするのですが、というお願いでした。当然断られると思いダメもとでお願いしたのですが、つかさんは「好きにやれ」と言って下さり、上演がかないました。
    その時、僕の夢はつかさんの全作品を上演することですと話すと、つかさんは、ご存命の頃自身のホームページでも書かれてますが、小さなところで上演するなら一々連絡しないでいいので好きにやれと言って下さいました。
    そこで私は、つか作品を上演するために稽古場を自分で改造してキャパ30席のGフォースアトリエを作りました。
    私にとってつかさんは、優しく、怖く、そして憧れでした。
    私を含め無名の若い役者に必ず見せ場を与えてくれ、いつ自分の名前が呼ばれるかで稽古場は緊張に包まれていました。

    何故つかさんは商業ベースの作品は別にして我々には「好きにやれ」と言ってくださったのでしょう。

    昔つかさんと飲んでる時のあることを思い出します。
    ソビエトが崩壊し冷戦が終わった後の頃でした。
    つかさんが「後藤、イデオロギーの次は何を理由に人は争う?」、
    私が宗教ですかねと言うととても辛そうに寂しそうに顔を伏せ「だな、」と言われました。
    戦争を始めるのも終わらせるのも人間です。
    私達人間は差別や憎しみと共に生きてます。
    しかし、それと共に人を愛する慈しむと言う感情があります。
    そして何より考えることが出来るのです。]
    つかさんの作品はテレビなどでは絶対に使えない台詞が出てきます。
    それを上演するにはそれだけの覚悟をしなければなりません。
    でなければつかさんのメッセージは伝わるわけはないからです。
    作品を通じて何を感じ考えるのか、それはお客様ご自身です。
    小さなアトリエですがご来場頂ければ幸いです。
    公演ホームページ

    出演

    田口鳩子 / 山本将起 / 伊東千啓 / 茗原直人 / 大貫淳平 / 谷口慎吾 / 大和一 / 酒井駿(ファイズマンエンターテインメント) / 宮田龍樹(ファイズマンエンターテインメント) / 福井悠都(ファイズマンエンターテインメント) / 彩緋

    スタッフ

    作: つかこうへい / 演出: 後藤宏行

    公演スケジュール

    <期間>
    2018年5月27日 (日) ~2018年6月3日 (日)

    <公演日・開演時間>
    05月27日(日) 14:00
    05月28日(月) 19:00
    05月29日(火) 19:00
    05月30日(水) 14:00 / 19:00
    05月31日(木) 19:00
    06月01日(金) 19:00
    06月02日(土) 14:00 / 18:00
    06月03日(日) 14:00
    ※開場は、開演の30分前です。

    チケット

    全席自由:3,200円(税込)

    <カンフェティ取扱チケット>
    全席自由:3,200円(税込)

    会場

    Gフォースアトリエ

    #12183 返信
    元 つかこうへい事務所のメンバー
    ゲスト


    『つかこうへい』は亡くなってこの世にいません。

    亡くなった人との会話などは、確認する事は出来ません。
    事実も嘘も、妄想も好きに書けます。
    少なくとも私、後藤宏行氏と好意的な関係あると聞いた事はありません。

    『死人に口なし』です。

    現在、生きている人との会話の内容を知りたいですね?
    確認できますから(笑)

    佐藤

    #12187 返信
    匿名
    ゲスト

    『死人に口なし』

    確かにそうだ

    『死人に口なし』

    なんだって言えるよね!

    #12196 返信
    つかこうへいLOVE
    ゲスト

    つかさんの作品をこのなく愛する私にこのサイトが飛び込んできた。
    私自身も演劇、舞台の世界に20年ほど身をおき今は鑑賞だけの楽しむ一人の人間です。

    そして今回「蒲田行進曲」の舞台化を調べてみると、様々な団体が上演しているのが分かった。
    その数ある中で、やや規模が大き目な「蒲田行進曲2002」として後藤ひろゆき氏による演出・出演として「保谷こもれびホール」(現 西東京市)で森脇和成(猿岩石)、和田圭市、荒木しげる、その他、出演で商業演劇企画として上演されている。

    あらすじを見ると、この作品も倉岡銀四郎がダンス狂いという設定の作品のようだ。
    なんとも変化球的な展開の構成だ。

    どうやら後藤宏行と後藤ひろゆきという人間が同一人物のようで、この「蒲田行進曲2002」の製作者はミライ・アクターズ・プロモーションという団体で(現 ミライ・ピクチャーズ・ジャパン)、そして制作は劇団OPAとなっている。

    気になったのがこのサイトにある再演の権利である。
    劇団OPAは後藤宏行氏の所有の団体であるなら問題無いとして、作品の製作における権利者であるミライ・アクターズ・プロモーションなる団体の許可は取っての再演なんだろうか?
    2018年の5月の公演の詳細には、その団体の記載は無いようだ。

    後藤氏いわく、つかこうへい氏の言う小さな舞台は無許可にて上演承認とあるが、商業企画ベースでの公演は、製作者に上演の権利があり再演の際は、許可や権利使用の費用が発生する。

    後藤氏は2012年以降は「劇場、スタッフ、キャストへのギャラの支払いの遅れ等は一度もありません。」自身のホームページ(Gフォースプロデュース)で明言しているので問題は無いと思いますが、過去の後藤氏への様々なトラブルのスレを見て気になりました。
    特に現在は、知的財産や無形権利のコンプライアンスがうるさい時代です。
    クリアになっていれば何も問題ありません。

    芸能の世界はみんなが幸せになって欲しいと、つかこうへいファンとして私は願っています。

    #12226 返信
    熱海殺人事件&ボーイ
    ゲスト

    つかさんは、確かにアマチュアや小劇場の主催者には、自分の作品を原作料をもらうこと無く提供している。
    亡きつかこうへいさんの演劇愛です。

    しかし、そうは言っても勝ってに上演するのは筋違いで原作を舞台化する際は毎度、毎度企画書やシノップス、台本、劇場、日時などの詳細を事務所へ郵送やデータで送るのが常識です。

    それくらいは、常識です。
    そんな事もしない人は、つかこうへい作品に関わらないで欲しいです。

    #12233 返信
    匿名
    ゲスト

    アマなら別に何をやってもいいんじゃない!

    キャストもスタッフもアマで、お金取らないなら何でもOKしょ!

    #12237 返信
    カンガルー山里
    ゲスト

    劇場の主催のほとんどが、ビンボー生活やればやるほど生活はきつくなる(*´꒳`*)

    それはやりたい事やっているだけで、別に世間が求めているものではないからだ。

    集客や利益の見込みの無いものをやり続ければ自ずと未払いや不払いが出るのは当たり前。

    そして人も去り解散となる。
    やがてまた、目立ちたがりが集まり一掃して劇団が出来る。
    心機一転のつもりで、劇団名を変える。しかし考えと行動が変わらないからまた、マイナスが出来る。

    きっと彼も、赤字が続いたのだろう。
    過去のマイナスを許してやる。見守ってやる。請求するかしないかは?
    あなた次第です。

    ただ、良い歳をして劇団などやってる人は、みんな似たり寄ったりですよ。

    #12240 返信
    カツカレー
    ゲスト

    迷惑かけなきゃ何をやるのも、みんな自由!

    せっかく演劇やるなら「敵」を作るのはやめようか(^^)

    勝手に原作を舞台にするのは、やめよう!
    自分ではオリジナル持って無くて、有名な原作でなんとか人集めするのがバレバレだよワラワラワラワラ

    #12330 返信
    匿名
    ゲスト

    この25年で、下記のように劇団名称を変更してきたようです。

    後藤組⇨劇団OPA⇨劇団オーパ⇨Gフォース⇨劇団蔵前プラザスイート⇨Gフォースプロデュース

    何でそんなに変える意味があるのだろう??

    #12537 返信
    小劇場
    ゲスト

    Gフォースプロデュースって、昔しの後藤組??
    あの倉庫が劇場?

    (爆笑)(爆笑)(爆笑)

50件の投稿を表示中 - 1 - 50件目 (全68件中)
返信先: 後藤宏行はペテン師(劇団Gフォース)詐欺・ニセ俳優
あなたの情報: